• ホーム
  • インフルエンザの治療薬、吸入薬について

インフルエンザの治療薬、吸入薬について

マスクをかける女性

インフルエンザの治療薬といえば、真っ先にタミフルカプセルが思い浮かびますが、新しく吸入薬が登場しました。
主な吸入薬として「イナビル」と「リレンザ」が挙げられます。
カプセルとは異なり、一回の吸入で治療が終わります。
また、錠剤を飲む力が弱い子供にも使用可能ということから急速に医療機関で普及しています。
インフルエンザの治療薬としてのメリットは操作を誤らなければ一回の治療で終わるので、カプセルを服用するよりも患者への負担が軽い点です。
しかし、注意しなければならない点がいくつかあります。
「吸入薬」は操作を正しく行わなければ効果を発揮しません。
元々吸入タイプの薬は、喘息患者のために作られたタイプの薬で、喘息と診断されたことのない患者にとって、使用方法が複雑です。
したがって、薬をきちんと吸入できない場合は治療の見込みが認められないということになります。
次に、インフルエンザの吸入薬は患者の誰もが使用できるというものではありません。
気管支喘息や、呼吸器疾患と診断された患者に吸入薬をしようすると副作用として気管が狭まり、呼吸機能の低下を引き起こす恐れがあります。
患者は自分の健康状態を把握し、医師から提示される治療薬について不安がある場合にはカプセルを処方してもらうようお願いする必要があります。
吸入薬は非常に便利で使い勝手がいいですが、その分慣れるまでには時間がかかります。
自分の状態に合わせて適切な薬を処方してもらえるように、医師とよく話し合う事が大切です。
また、現在は未だインフルエンザの治療薬としてタミフルカプセルを処方する病院、クリニックが多いと見受けられます。
以上の事から、インフルエンザの吸入薬は使い方が複雑で誰もが使える薬品ではありませんが、治療が簡単で非常にメリットの多い薬品と言えます。

関連記事
鳥インフルエンザにおける予防的投与の役割 2020年06月03日

インフルエンザや鳥インフルエンザに初期症状は、一般的な風邪と非常によく似ています。しかし高熱や関節の痛みや強い倦怠感があり、長期間に及びます。インフルエンザや鳥インフルエンザはウイルスが原因であり、体内に入り込み細胞が正常に機能するのを妨げます。その結果呼吸器官の働きが著しく弱まり、咳やくしゃみなど...

インフルエンザと異なる鳥インフルエンザの脅威と予防 2020年04月16日

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって人から人へと感染します。鳥インフルエンザは、現在の所は明確に人への感染事例はありませんので、人へは感染しないとされています。よって、感染時の具体的な症状等も当然分かりません。しかし、もし人に感染するような事があれば非常に深刻な問題となります。通常のイン...

インフルエンザの予防接種と吐き気などの副反応 2020年02月29日

インフルエンザの予防接種を受ければ、感染を防ぐことはできませんが、重症化するリスクを低下させます。特に65歳以上の高齢者は、インフルエンザによる死亡率が平均よりも高いため、予防接種の効果も大きいと言えます。予防接種を受けてから免疫ができるまでには、約半月ほどかかるとされています。ですから流行する前に...

8月にも流行るインフルエンザの初期症状 2020年01月25日

インフルエンザは冬に感染するというイメージを持っている人も多いですが、情報などが出回りだすのは大体8月末ぐらいからで、翌年の8月始めぐらいを目処に1シーズンとして提供がされています。予防接種自体は秋を過ぎた頃からお知らせなども出てきますが、感染自体は夏が終わった頃から少しずつ増えてくると考えてもいい...

インフルエンザウイルスを吸入しないn-95マスク 2019年12月21日

インフルエンザウイルスはくしゃみやせきなどをしたら、飛沫として飛び散っていきます。自分自身では普通に呼吸をしているつもりでも、その空気の中にウイルスが存在している可能性も当然あります。一般的な感染経路としても、飛沫感染が一番多いので、吸入しないような対策をしていく事が重要になります。市販されているマ...