• ホーム
  • インフルエンザの治療薬、吸入薬について

インフルエンザの治療薬、吸入薬について

マスクをかける女性

インフルエンザの治療薬といえば、真っ先にタミフルカプセルが思い浮かびますが、新しく吸入薬が登場しました。
主な吸入薬として「イナビル」と「リレンザ」が挙げられます。
カプセルとは異なり、一回の吸入で治療が終わります。
また、錠剤を飲む力が弱い子供にも使用可能ということから急速に医療機関で普及しています。
インフルエンザの治療薬としてのメリットは操作を誤らなければ一回の治療で終わるので、カプセルを服用するよりも患者への負担が軽い点です。
しかし、注意しなければならない点がいくつかあります。
「吸入薬」は操作を正しく行わなければ効果を発揮しません。
元々吸入タイプの薬は、喘息患者のために作られたタイプの薬で、喘息と診断されたことのない患者にとって、使用方法が複雑です。
したがって、薬をきちんと吸入できない場合は治療の見込みが認められないということになります。
次に、インフルエンザの吸入薬は患者の誰もが使用できるというものではありません。
気管支喘息や、呼吸器疾患と診断された患者に吸入薬をしようすると副作用として気管が狭まり、呼吸機能の低下を引き起こす恐れがあります。
患者は自分の健康状態を把握し、医師から提示される治療薬について不安がある場合にはカプセルを処方してもらうようお願いする必要があります。
吸入薬は非常に便利で使い勝手がいいですが、その分慣れるまでには時間がかかります。
自分の状態に合わせて適切な薬を処方してもらえるように、医師とよく話し合う事が大切です。
また、現在は未だインフルエンザの治療薬としてタミフルカプセルを処方する病院、クリニックが多いと見受けられます。
以上の事から、インフルエンザの吸入薬は使い方が複雑で誰もが使える薬品ではありませんが、治療が簡単で非常にメリットの多い薬品と言えます。

関連記事
インフルエンザ感染前に薬を飲むと予防できる? 2019年10月17日

毎年冬季に流行するインフルエンザ。学校や職場で感染者があらわれると、あっという間に感染が拡大してしまいます。日常生活に支障をきたすような感染拡大を未然に防ぎたいものです。なにより、インフルエンザは予防が要といえます。日ごろから予防に関する知識を深めておきましょう。インフルエンザの予防にはうがい、手洗...

インフルエンザの症状、解熱剤について 2019年09月27日

インフルエンザは普通の風邪とは違い、突然に38℃以上の高熱や関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感、食欲不振などの全身症状が強くみられるのが特徴です。感染した場合、約1~3日間の潜伏期間を経て発症します。発症したら、1~3日は38℃以上の高熱などの全身症状がみられます。その後、咳、喉の痛み、鼻水などの呼吸器系...