• ホーム
  • インフルエンザの症状、解熱剤について

インフルエンザの症状、解熱剤について

マスクをかける女性

インフルエンザは普通の風邪とは違い、突然に38℃以上の高熱や関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感、食欲不振などの全身症状が強くみられるのが特徴です。
感染した場合、約1~3日間の潜伏期間を経て発症します。
発症したら、1~3日は38℃以上の高熱などの全身症状がみられます。
その後、咳、喉の痛み、鼻水などの呼吸器系の症状、腰痛や吐き気、嘔吐、などの消化器系の症状もみられます。
普通なら10日前後で落ち着き、良くなっていきます。
普通の風邪は季節を問わず、いつでもみられますが、インフルエンザは季節性があり、例年11月~12月頃に流行し始め、1~3月頃にはピークを迎えます。
普通の風邪のほとんどは発症後の症状はゆっくりと出てきて、発熱も経度で咳、くしゃみ、喉の痛み、鼻水、鼻づまりなどが主です。
しかしインフルエンザは高熱から急激に発症し、倦怠感、食欲不振などの全身症状が強くみられます。
悪化すると、肺炎や脳炎などを合併して重症化することもあります。
インフルエンザを治すためには、体内のウィルスの増殖を抑える抗インフルエンザウィルス薬の服用が有効です。
発症後すぐに服用を開始すると、服用しない場合に比べて発熱期間が1~2日短縮され、症状が徐々に改善されていきます。
しかし、熱が下がっても、体内のウィルスがなくなっているわけではないので、途中でお薬の服用をやめることで周りに感染する可能性があります。
インフルエンザに限らず、発熱をすると解熱剤がよく使われますが、解熱剤は一時しのぎの薬なので、注意して使用しなければなりません。
よく使われている解熱剤の中には脳炎、脳症を重症化させる場合があるということがあります。
指摘されている解熱剤として、アスピリンがあります。
一般的な風邪薬として使われていますが、欧米ではインフルエンザには使用されません。

関連記事
鳥インフルエンザにおける予防的投与の役割 2020年06月03日

インフルエンザや鳥インフルエンザに初期症状は、一般的な風邪と非常によく似ています。しかし高熱や関節の痛みや強い倦怠感があり、長期間に及びます。インフルエンザや鳥インフルエンザはウイルスが原因であり、体内に入り込み細胞が正常に機能するのを妨げます。その結果呼吸器官の働きが著しく弱まり、咳やくしゃみなど...

インフルエンザと異なる鳥インフルエンザの脅威と予防 2020年04月16日

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって人から人へと感染します。鳥インフルエンザは、現在の所は明確に人への感染事例はありませんので、人へは感染しないとされています。よって、感染時の具体的な症状等も当然分かりません。しかし、もし人に感染するような事があれば非常に深刻な問題となります。通常のイン...

インフルエンザの予防接種と吐き気などの副反応 2020年02月29日

インフルエンザの予防接種を受ければ、感染を防ぐことはできませんが、重症化するリスクを低下させます。特に65歳以上の高齢者は、インフルエンザによる死亡率が平均よりも高いため、予防接種の効果も大きいと言えます。予防接種を受けてから免疫ができるまでには、約半月ほどかかるとされています。ですから流行する前に...

8月にも流行るインフルエンザの初期症状 2020年01月25日

インフルエンザは冬に感染するというイメージを持っている人も多いですが、情報などが出回りだすのは大体8月末ぐらいからで、翌年の8月始めぐらいを目処に1シーズンとして提供がされています。予防接種自体は秋を過ぎた頃からお知らせなども出てきますが、感染自体は夏が終わった頃から少しずつ増えてくると考えてもいい...

インフルエンザウイルスを吸入しないn-95マスク 2019年12月21日

インフルエンザウイルスはくしゃみやせきなどをしたら、飛沫として飛び散っていきます。自分自身では普通に呼吸をしているつもりでも、その空気の中にウイルスが存在している可能性も当然あります。一般的な感染経路としても、飛沫感染が一番多いので、吸入しないような対策をしていく事が重要になります。市販されているマ...