• ホーム
  • インフルエンザの症状、解熱剤について

インフルエンザの症状、解熱剤について

マスクをかける女性

インフルエンザは普通の風邪とは違い、突然に38℃以上の高熱や関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感、食欲不振などの全身症状が強くみられるのが特徴です。
感染した場合、約1~3日間の潜伏期間を経て発症します。
発症したら、1~3日は38℃以上の高熱などの全身症状がみられます。
その後、咳、喉の痛み、鼻水などの呼吸器系の症状、腰痛や吐き気、嘔吐、などの消化器系の症状もみられます。
普通なら10日前後で落ち着き、良くなっていきます。
普通の風邪は季節を問わず、いつでもみられますが、インフルエンザは季節性があり、例年11月~12月頃に流行し始め、1~3月頃にはピークを迎えます。
普通の風邪のほとんどは発症後の症状はゆっくりと出てきて、発熱も経度で咳、くしゃみ、喉の痛み、鼻水、鼻づまりなどが主です。
しかしインフルエンザは高熱から急激に発症し、倦怠感、食欲不振などの全身症状が強くみられます。
悪化すると、肺炎や脳炎などを合併して重症化することもあります。
インフルエンザを治すためには、体内のウィルスの増殖を抑える抗インフルエンザウィルス薬の服用が有効です。
発症後すぐに服用を開始すると、服用しない場合に比べて発熱期間が1~2日短縮され、症状が徐々に改善されていきます。
しかし、熱が下がっても、体内のウィルスがなくなっているわけではないので、途中でお薬の服用をやめることで周りに感染する可能性があります。
インフルエンザに限らず、発熱をすると解熱剤がよく使われますが、解熱剤は一時しのぎの薬なので、注意して使用しなければなりません。
よく使われている解熱剤の中には脳炎、脳症を重症化させる場合があるということがあります。
指摘されている解熱剤として、アスピリンがあります。
一般的な風邪薬として使われていますが、欧米ではインフルエンザには使用されません。

関連記事
インフルエンザ感染前に薬を飲むと予防できる? 2019年10月17日

毎年冬季に流行するインフルエンザ。学校や職場で感染者があらわれると、あっという間に感染が拡大してしまいます。日常生活に支障をきたすような感染拡大を未然に防ぎたいものです。なにより、インフルエンザは予防が要といえます。日ごろから予防に関する知識を深めておきましょう。インフルエンザの予防にはうがい、手洗...

インフルエンザの治療薬、吸入薬について 2019年09月12日

インフルエンザの治療薬といえば、真っ先にタミフルカプセルが思い浮かびますが、新しく吸入薬が登場しました。主な吸入薬として「イナビル」と「リレンザ」が挙げられます。カプセルとは異なり、一回の吸入で治療が終わります。また、錠剤を飲む力が弱い子供にも使用可能ということから急速に医療機関で普及しています。イ...