薬を飲んでいる女性
公開履歴
せきをしている男性

インフルエンザ治療薬は風邪薬などのように市販されている薬ではありません。
日本国内で入手するには医師の処方箋が必要で、発症者や発症者と同居して生活している方などの医師から必要性が認められた人に限り処方されます。
インフルエンザ治療薬は48時間以内に服用を開始することで最も薬の効果が期待できることが認められています。
それはこれらの薬がインフルエンザウイルスを殺傷する薬ではなく、インフルエンザウィルスの増殖を阻害する薬であることを考えると想像がつくことでしょう。
当然、48時間以内のまだウィルスの数の少ないうちに服用すれば発症期間を短く抑えることができ、発症者のインフルエンザによる発熱や頭痛などの症状も軽くすみます。
ところが現実問題として48時間、つまり2日という短い間では病院に行く暇のない忙しい方も多いはずです。
インフルエンザ潜伏期間は人に移さないように注意が必要です。
早めに病院で受診した方が良いのですが病院の待ち時間の異様な長さを体験してうんざりしたことがあるはずです。
インフルエンザの予防接種も実施されていますが、同じく時間の無い方にはタイミング良く接種することは難しいはずです。
そんな忙しい方へお勧めなのが、インフルエンザ治療薬を通販で購入することです。
ただし、先に述べた通り、日本国内では通販でも購入できませんから個人輸入代行サービスを行っている会社の通販で購入することになります。
このような会社で有名な商品としてはAGAやEDの治療薬、健康、美容などのサプリなどがあり、日本国内でも多くの方が利用していることをご存知の方も多いでしょう。
実はインフルエンザ治療薬についても同様で、数種類のジェネリック(後発医薬品)まで購入することができます。
価格も病院で処方してもらうより安くなっています。
使用期限が数年と長い薬ですから常備薬の感覚で毎年のように流行するインフルエンザに備えることができます。
ただし、いくつかのリスクに注意して下さい。
まず、個人輸入代行は実績と信頼のある会社ですること。
この点は初めての方でも問題ないでしょう。
大事なのはインフルエンザ 治療薬のリスクです。
実際にインフルエンザで病院にかかった人は経験から症状が分かると思いますし、実際に薬を処方してもらって服用したこともあるので大丈夫だと思いますが、これらの薬は定められた用量、用法を守って服用しなければいけません。
間違った自己判断で他の風邪薬などと合わせて服用したりしますと、飲み合わせの相性によって最悪の場合インフルエンザ脳症などの重大な危険があります。
この点に十分に注意するのは、実際病院で処方してもらった場合でも同じですが、服用開始後に異常が感じられたらすぐに医師に相談しなければなりません。

記事一覧
インフルエンザ感染前に薬を飲むと予防できる? 2019年10月17日

毎年冬季に流行するインフルエンザ。学校や職場で感染者があらわれると、あっという間に感染が拡大してしまいます。日常生活に支障をきたすような感染拡大を未然に防ぎたいものです。なにより、インフルエンザは予防が要といえます。日ごろから予防に関する知識を深めておきましょう。インフルエンザの予防にはうがい、手洗...

インフルエンザの症状、解熱剤について 2019年09月27日

インフルエンザは普通の風邪とは違い、突然に38℃以上の高熱や関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感、食欲不振などの全身症状が強くみられるのが特徴です。感染した場合、約1~3日間の潜伏期間を経て発症します。発症したら、1~3日は38℃以上の高熱などの全身症状がみられます。その後、咳、喉の痛み、鼻水などの呼吸器系...

インフルエンザの治療薬、吸入薬について 2019年09月12日

インフルエンザの治療薬といえば、真っ先にタミフルカプセルが思い浮かびますが、新しく吸入薬が登場しました。主な吸入薬として「イナビル」と「リレンザ」が挙げられます。カプセルとは異なり、一回の吸入で治療が終わります。また、錠剤を飲む力が弱い子供にも使用可能ということから急速に医療機関で普及しています。イ...